日時:平成22年10月23日(土)18:00〜21:00(小雨決行)



■趣 旨
博多の町を数万個の灯明で照らしだす「博多灯明ウォッチング」も今年で16年目を迎えます。
昨年は県内外から3万人を超える方が手づくり灯明の観賞に訪れられました。
厳粛で静粛な寺町、御供所地域に並べられた2000個余りの灯明に、新たに斬新な「創作灯明」を楽しんでもらおうと、昨年より学生さんによる「御供所灯明コンペティション」開催いたしました。
今年も御供所地域ではこれからの若い世代に表現のステージとして「第2回御供所灯明コンペティション」開催いたします。
福岡県内の(大学生・短大生・専門学校生・高校生など)の学生さんを対象に学生さんたちが作る「創作灯明」が多くの来場者や専門家の目に直接触れる事のできる素敵な舞台です。
若き彼ら彼女らたちにとってこの「灯明コンペティション」が将来を夢見るステージになる事を願っています。
■開 催 日平成22年10月23日(土) 18:00〜21:00
■作品展示場所博多駅前 承天寺境内 仏殿前
■作品の大きさたて:50cm、よこ:50cm、高さ:70cm 程度、又は、それ以上とします。
(作品のタイトル及びコンセプトを明記してください)
■材  質仕上材は原則和紙類を主材料とします。
■光  源灯明の光源はロウソク(数は自由)とします。
■応募及び審査 
(1)「応募用紙」にてメール・FAX・郵送にて10月15日までにエントリーしてください。
・受付窓口(東和大学内 御供所灯明コンペティション実行委員会)
  FAX(092-561-2253)
  メール(hapushi@tohwa-u.ac.jp
  郵送先(〒815-8510 福岡市南区筑紫丘1-1-1)
※「応募用紙」は、受付窓口に連絡されるか下記からPDFまたはExcelファイルでも取得できます。
  PDFファイル形式   Excelファイル形式
(2)作品持込 13:30〜16:00 当日指定場所に持ち込み展示して頂きます。
(3)投  票 18:00〜18:45 当日来場者及び審査委員の投票にて決定します。
(4)集  計 18:45〜19:00
(5)表 彰 式 19:00〜19:15 審査委員にて表彰(場所:承天寺境内 仏殿前)
■審 査 員審査委員長
  松下美紀  氏(照明デザイナー)
審査委員(順不同)
  小島昭治  氏(御供所自治協議会)
  酒井龍彦  氏(福岡市博多区長)
  佐藤俊郎  氏(NPO FUKUOKAデザインリーグ副理事長)
  長谷川法世 氏(博多町家ふるさと館館長)
  日高三朗  氏(西日本新聞博多まちなか支局)
  丸山康晴  氏(博多ターミナルビル(株)社長)
■表  彰最優秀賞(1点):賞状と副賞2万円
優秀賞(2点):賞状と副賞5千円
審査特別賞(数点):賞状と副賞
■主  催御供所まちづくり協議会
■後  援御供所・冷泉ライトアップウォーク実行委員会
■問合せ先御供所灯明コンペティション実行委員会
    (東和大学内 ・前田)090-2718-5083
    (御供所まち協・冨田)090-5286-8499